@ Department of Biochemistry and Molecular Biology
Nippon Medical School


  • All major electron transfer chains in biology incorporate iron-sulfur clusters, and the environment of the cluster is the main determinant of the redox and/or catalytic activity.
  • We study the structure-function of the intracellular iron-sulfur world in aerobic and thermophilic archaea.

好熱性古細菌などを主材料とした金属酵素の構造機能進化や、アミノ酸要求性の新規大腸菌発現宿主株作成につき、国内外の様々な研究機関と共同研究を実施しています。 More...


NEW RESEARCH WEBSITE URL: <https://fesworld.jp/>


一部ホームページに表示異常が現れることがありますが、少しずつ修正する予定です(「標準スタイルシート使用」にし、ブラウザーのフォントサイズを適宜調整して下さい)。
Some style and font size errors will be fixed - for now, adjust the browsers font size.

The structure of a metal site in metalloenzymes critically influences the fine-tuning of some of the most complicated reactions in the chemistry of life processes. A deeper understanding of its reactivity helps not only to explain observations but also to generate systems of predictable function.

LinkIconSkip to the E. coli Auxotrophic Expression Strains Page...
LinkIconSkip to the ICC Project Top Page...

STAY SAFE - for the health and safety
during the coronavirus disease (COVID-19) pandemic

この度の東日本大震災 (2011.3.11) 、熊本地震 (2016.4.14) 、および 北海道胆振東部地震 (2018.9.6 以降) に被災された方々に 心より お見舞い申し上げます。

日本医科大学、医学部、生化学・分子生物学(代謝・栄養学)所属の岩崎 俊雄グループでは、各種金属酵素の構造機能進化やアミノ酸要求性の新規大腸菌発現宿主株作成につき、国内外機関と共同研究しています。 また、国際化学研究協力事業(JSPS-NSF ICC プロジェクト)等に採択され、国際共同研究を続けています。

この簡易版ホームページでは、当研究グループの研究概要業績公募情報などを紹介しています。
当研究グループで 日本学術振興会の(海外)特別研究員PD等 をご希望される方は、メールにてご連絡下さい(受入実績あり)。

2021/1/3, 2020/12/22, 2019/7/26, 2019/5/1, 2019/1/8, 2018/1/9, 2017/3/31
LinkIcon EVEN THE DARKEST NIGHT GIVES A WAY TO THE DAWN - 困難な時期を乗り越えて行きましょう。
LinkIcon 2021年 (令和3年) も宜しくお願い申し上げます。
LinkIcon NEW RESEARCH WEBSITE URL:  <https://fesworld.jp/index.html>
移転サイトを立ち上げ、URLが変更になりました (revised: 2020/12/22).
2018/6/5
PCR primer data uploaded as DL doc files (revised: 2017/8/2, 2017/9/29, 2018/3/20, 2018/6/5).
2015/11/23~ Last update: 2021/5/7
These auxotrophic expression host strains are now available through Addgene, USA
Lin et al.(2015) Methods Enzymol.  565,  45-66, LinkIcon Pubmed
Iwasaki et al.(2021) J. Biochem. (Review) 169, 387-394, LinkIconPubmed
2018/5/9付で 理化学研究所バイオリソース研究センター (RIKEN BRC) と MTA 締結しました。米国 Addgene とは 2015/1/21付 および 2017/10/23付で MTA 締結済です。これらのアミノ酸要求性大腸菌発現宿主株コレクションは、上記サイトより Addgene または RIKEN BRC から分譲できます
2014/4/3
LinkIcon ICCプロジェクトは終了致しました(NSF側は2015年9月末まで)。
関係各位に厚く御礼申し上げます。
LinkIcon 平成26年度 公益財団法人 長瀬科学技術振興財団 研究助成に採択されました。




アクセスカウンター
since Dec 22, 2020





Annular eclipse, 21 May, 2012, and
total lunar eclipse, 31 January, 2018
/ Copyright 2012, 2018 Toshio Iwasaki.
All Rights Reserved.





inserted by FC2 system